平成最後の年、いよいよラストが近くなってまいりました  年始に入ってしまいますと、色々と行事も目白押しとなりますので、物件を取得される・物件を売却されるならば、年末の今からスタートするのがお勧めです

2018-11-12

✪平成最後の年、いよいよ年末が近くなってまいりました✪ 

「ご購入をご検討されていらっしゃる方」・「ご売却をご検討されていらっしゃる方」、

遂に🎉「一年で一番不動産が動く時期・年末年始」🎉となりました

ご準備はいかがですか?

年始に入ってしまいますと、🍻💃色々と行事も目白押しとなり、お時間が取りにくくなってしまうケースが多いです(勿論、年末もそうですけれども…)

 

🏃🚀🚀物件を取得するならば、または売るならば、今(年末)から行動をスタートするのがお勧めです🏃🚀🚀

✪不動産は大きな財産ですので、一つ二つ見ただけでご決断するのは、忙しく働くお客様にとっては難しいと思います😕

年始はそれでなくとも、お客様が一斉に物件を見はじめられますので、ゆっくりと検討する時間が足りなくなってしまうこともございます

では、どうするのがお勧めなのかということですが、

①年内にスタート

②ご自身に相場観を付ける

➡③購入を考えていらっしゃる方は、「理想の住まいを形作るイメージを持たれ、ご家族で固めておくこと」です

➡④ご売却を考えていらっしゃる方は、一年で一番の不動産シーズン(一年で一番、お客様が市場に出てきます)が始まりますので、これを逃す手はありません!!!!!!!!!!!

 

 それができていれば、年始にスタートされると思われる「同じご予算・ご希望間取の他のお客様達が悩んでいる間」に、「即決断の段階」までいくことができますので、他の方に時間で負けることは少なくなろうかと思われます(これはご購入・ご売却のどちらの場合も同じです➡早めの準備をしておけば、売るにしても買うにしても対応する時間が増えることと思います)

 😕気に入られる不動産というものはそう多くはないはずです

➡同じ価格帯であれば、第一希望物件としてお客様がチョイスされる物件は、大体同じ物件になってしまうことが多いのは仕方ありません

(他の方に先に取られてしまったら、悔しいですよね😭)

 気に入ってから行動を起こすまでの「時間が勝負となる」ことが特に多いのが、年始の不動産シーズンです

(本当ならば、時間をゆっくりと取って考えたいところなんですが、ライバルたちがいる場合には、なかなかそうもいきませんよね)

🏃不動産の取得・売却も、他の事と同じで、競争に代わりありません🏃

(🏃競争というからには、並み居るライバルたちに勝たねばいけません🏃)

💪年末からスタートしておけば、ある程度相場観も取り易いので、他の方に先んじてご決断までイケるケースも増えるのではないかと思われます💪

(先日も悩んだ挙句、一日違いで、他の方に契約されてしまったというお客様がいらっしゃいました。現在もその方は不動産を探されていますが、ご希望を満たすものが出てくるのかどうか…。でも、年末年始は物件数も多くなりますので、きっと理想の新居を獲得される日も近いと思っております)

勿論、気に入らないもの・条件で決断する必要はございません。(これは売るにしても、買うにしても一緒です)

✪取得される場合

🚀🚀一番大事なのは、買うことのできる販売価格で、ご希望の条件を満たしていることは大前提

➡🚀🚀「欲しい・住みたい・所有したい」と、ご家族が思っているどうかです🚀🚀

(⚠ココを見過ごしてしまって、得か損かを判断基準とされてしまいますと、逃すことになるケースが多くなりますので、お気を付けください⚠)

✪売却される場合

🚀🚀国の方針として、中古物件を動かそうという動きがかなり強く出てきている現状があります

当社ホームページの他の特集も見てください。これからの中古物件の売却に関して売主様の立場上かなり負担が増えていく将来があります(インスペクション・2020年民法改正等)➡早めに動かれるのが得策であるとの見方が強い現状があります

(⚠ココを見過ごしてしまって、得か損かを判断基準とされてしまいますと、逃すことになるケースが多くなりますので、お気を付けください⚠)

少子高齢化が避けることができない日本の現状から、都心部に人口は一極集中していくことは避けられないようです

その中で勝ち残っていくために、取得されるにしても、売却されるにしても、勝負であると思われます

(その答えを判断できるのは、さらに将来なんでしょうけれども…)