💰住宅ローンの金利に少し上昇傾向が目立ってきているようです💰

2018-11-06

💰住宅ローンの金利に少し上昇傾向が目立ってきているようです💰

😕住宅ローン業界全体として、10月に引き続き、長期固定金利を引き上げる金融機関が目に付きます。

😊但し、ご安心ください。

 ➡上昇幅はまだ小幅で、変動金利については相も変わらず史上最低金利の状態が続いております。

日銀の金融政策決定会合においても、金融緩和政策の継続を取り決めていますので、しばらくは急激な金利上昇はないものとみられ、歴史的低金利状態は当面継続するのでは中という見込みがあるようです。

なんとなく安心ですね。

でも、最低金利状態は金融機関にとってもキツイことですから、金利の動向にはチェックが必要です。

金利の動向を気にされている方も多いですが、現在はまだまだ史上最低ラインをキープしておりますので、今のうちがチャンスであるのは間違いなさそうです。

たまに、「金利は上がるでしょ?」という質問を受けますが、現在の1%弱の金利をチャンスと思い決断する方は、当たり前に大勢いらっしゃるのも確かです。

質問される方は、「金利はいつか上がるから」とおっしゃいますが、上がってから決断されるのでしょうか?

💰最低金利の恩恵を少しでも受けたほうがいいのではないでしょうか?

🏠マイホームに関していえば、支払を続けないければいけないことは確かですが、それは賃貸住宅に住まわれていても一緒の事です。

✪不動産を所有していれば、

①将来的に売却して老後資金を獲得するのに利用されたり

②賃貸に出すことも可能

子供たちに相続だってさせてあげられます。

選択肢はかなり広がります。

😕賃貸の場合には、高齢者になるとオーナーさんがなかなか貸してくれないということだって考えられます。

(高齢化社会に突入していますから、将来は変わってきている可能性も高いですけれども)

🏠自分の家というものは、好きな時に好きなようにリフォームなどもできます。

子供達だって、両親が自分の家を持つということによって、なんとなく自信が出てきて来る傾向もあり、「俺の家で、私の部屋で遊ぼう」と友人達を誘っているのを見たときに、親としては誇りを感じる一面だそうですよ。

現在は完成物件も多数ございますので、選択肢も沢山ございます。スグに決める必要はございません。なぜならば、マイホームは人生における一番大きなお買い物であり、一番大きな財産となるからです。たくさん物件をご自身の目で実際に見ることによって、ご自身の目も肥えてきますし、お探しの条件が変わる場合もございます。とにかく納得するまでご覧いただくことが先決です。

🏃いつでもどうぞ。早めのスタートがお勧めですよ!